おしゃれな若者に大人気のフォンダンウォーターは、デトックス効果があり、むくみやダイエット効果が期待できると話題になっています!

ですが、フォンダンウォーターの口コミには味がまずいといった声も多く上がっており、どれだけ美容効果があっても味がまずいと続けられないですよね。

まずいのにはある食べ物が関係しているとされていますが、その食べ物とは一体何なのでしょうか?

フォンダンウォーターがまずい理由は?

フォンダンウォーターは甘みがあって美味しいと評価が高いのに、なぜ一部ではまずいと言われているのでしょうか?

その原因はフォンダンウォーターに入れるあるドライフルーツが原因でした。

基本的にはどんな組み合わせをしてもフォンダンウォーターは美味しく飲むことができますが、だからといってどんなものでも組み合わせしまっていいわけではありません。

フォンダンウォーターでまずいと声が多く上がった組み合わせの中でも最も多く含まれていたのが「グリーンキウイ」です。

グリーンキウイは甘みが少ないため、フォンダンウォーターに入れても甘みがたらずにまずいと低評価がつけられています。

キウイの中でもグリーンキウイでなく、ゴールドキウイではあれば、甘みが強いのでフォンダンウォーターに向いているので、キウイを入れたいのであれば、ゴールドキウイを入れるようにしましょう。

デトックスウォーターよりフォンダンウォーターが人気な理由って?

フォンダンウォーターの作り方はボトルに水とお好みのドライフルーツやミントを入れて、30分置けば簡単に作ることができるデトックスウォーターです。

以前に日本でも大流行したデトックスウォーターはドライフルーツではなく、生のフルーツとミントを入れるものでした。

しかし、生のフルーツは値段が高く、毎日続けるのにはお金がかかるといった意見が多いだけでなく、味がシンプルすぎて飽きる、まずいといった声も多く寄せられていました。

フォンダンウォーターにはドライフルーツを入れるので、すでに甘みがあり、毎日でも美味しく飲めることができることから注目されるようになったのですね。

デトックスウォーターに比べて漬ける時間も短いので、朝に起きてすぐにフォンダンウォーターを作り、出かける頃にはできあがっているお手軽さも日本で人気に火がついた理由でしょう。

味がまずい場合は炭酸水を入れてもOK

基本的にはフォンダンウォーターは水とドライフルーツ、ミントを入れて作りますが、ドライフルーツの甘みが強く出すぎてしまい、味がまずい、苦手だと感じる人もいるようです。

女性に嬉しい効果を一度に摂取することができるフォンダンウォーターですが、味がまずいのであれば毎日続けることができないですし、無理に続けてもストレスが溜まってしまうだけですよね。

水とドライフルーツ、ミントだとドライフルーツの甘さが強くなって苦手なのであれば、炭酸水と割る方法を試してみてはいかがでしょうか?

フォンダンウォーターは水ではなく、炭酸水と割っても美容効果を実感することができます。

炭酸水と割ることでよりジュースのような感覚で飲むことができますし、爽快感もアップするので、甘みよりもすっきり感が欲しいのであれば、炭酸水で作る方法を行ってみましょう。

ただし、炭酸水でも砂糖が入っているものだと甘みが強く出てしまい、味がまずいになってしまうことも…

味がまずいだけでなく、カロリーを摂取しすぎてしまい、太る危険性もあるので、炭酸水で作る時は必ず砂糖は入っていないものを選んでください。

フォンダンウォーターがまずいと悪評が流れていますが、作り方を工夫すれば、自分好みの味に仕上げることができるので、ぜひトライしてみてくださいね!